FootGolf Lab Japan とは

普及活動、イベント活動、共同企画とは

FootGolf Lab Japan とは

もう一人の自分にであうこの時間

ふだんは真面目なあなたでも、芝の上でボールを一蹴りすれば、あら不思議。
緑色の芝の魔法と、爽やかな風の香りにさそわれて、ほんとうの自分がむくむく顔をだす。
今日もどうぞ、好きなことを心ゆくまで。愉しい時間の、はじまり、はじまり。

スポーツの最も重要な役割は、人々を楽しませること。

たかがスポーツだから。
それ以外の何物でもない。
私たちは命を救うわけじゃない。
何も植えつけられないし、何も生み出せない。
手術みたいなことができるわけでもない。
私たちができるのはスポーツだけ。

そこで人々を楽しませられないのなら、なぜプレーするのか?
いつもそうできるわけじゃないのは残念だけど、常に真剣に取り組んでいる。
人々を楽しませているときこそ、特に真剣に取り組んでいる。

でも、それこそが本当に大切なこと。だから私たちは挑戦する。
フットゴルフの本質を忘れてはいけないということ。

コースで良いプレーをして人々を楽しませることが大切なんだということ。
人々を楽しませる上で、最も大切なのは自分自身が最高に楽しむこと。

◆まず、私たちのライフワークとは何か

私たちはスポーツが好きなので、そこに携わりたい。自分の好きなことを一生懸命に取り組むことは人生の幸せでもあるし、何よりも大事にしたい。とすると、他人にもそう思ってもらえることが私たちの使命なのではないかと思う。

◆では、スポーツの醍醐味とは何か

それは「競技を通して新しい自分に出会えること」これに尽きる。練習の成果が数字となってあらわれるこの競技。
フットゴルフほど明確なものはなかなかない。
一打一蹴の記録更新、そしてその過程。それは過去の自分を超え、まだ見ぬ新しい自分に出会っていくこと。
その新しい自分に自ら気づいていきたいし、まだ見ぬ人たちに対しては気づかせてあげたいと思う。

◆応援されるチームに

凡事徹底。
あいさつ、返事、礼儀、人と人との関わりを大事にする。
仲間の自己ベスト更新を喜び、仲間の善行に感謝をする。
仲間に興味をもち大事にする。
その枠を広げて、同じ競技者の仲間、地域の方々、そこにも貢献できるようにする。
態度教育(共育)を大事にする。
応援されてこそ出せる力がある。
誰からも応援されないことほど悲しいことはない。
極論だが、自在に蹴れなくても良い、スコアが悪くても良い、だが応援される選手になることだけは忘れてはならない。

◆学ぶは真似ぶ

たくさんの向上方法を学ぶこと、それは真似すること。世の中に良い実践はたくさん転がっている。
常にアンテナを高くして、真似させていただく姿勢を忘れない。

◆アイデアとは

新しいアイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせである。既存の要素を真似び(学び)、自分なりの新しいアイデアを構築していく。そのために引き出しは多いほうが良い。
トッププレーヤーが教え込むのではなく、誰にでも新しいアイデアを求める。
ボトムアップする。アイデアを出すのが楽しくなる。

◆スポーツの楽しさ

スポーツの大前提は楽しむことにある。一度きりの人生で、スポーツの中に本当に楽しさを見い出せたか。
そこが本気の在り方につながる。選手が楽しくて仕方ない、ワクワクする勝負がつくれたか。
ワクワクするような楽しいチームには、いつも笑顔と前向きな眼差しがある。

◆そこに感動はあるか

新しい自分との出会い、スポーツの楽しさ、ワクワク、それらの中に心揺さぶられる感動はあるか。
常に自分たちに問いかけていきたい。

PAGE TOP